個人投資家に贈る投資のリアルとヒント

投資のリアル

バリュー平均法

バリュー平均法で老後資金と教育費を積立投資

更新日:

「投資のリアル」では、教育費や老後資金のために資産運用をしておりますが、投資の方法については、2017年からバリュー平均法で積立投資をはじめました。

ドルコスト平均法は聞いたことはあっても、バリュー平均法はあまり聞いたことがないのではないでしょうか。

私もそうでした。

これまでドルコスト平均法を行っていたのですが、バリュー平均法を知ってから、積み立てた投資信託を清算しました。

ドルコスト平均法は再現性(誰でもできる)があり、過去の結果を見ても優秀な投資法であることは間違いありません。ただし、運用していると少し改善したい部分もありました。

バリュー平均法は、その点に優れていましたので、方法を乗り換えることにしました。一方でバリュー平均法も万能ではなくデメリットもあります。

そんなところを書いていきたいと思います。

 

ドルコスト平均法

長期でコツコツ投資をして資産形成をする方法として、「ドルコスト平均法」があります。

ドルコスト平均法は、毎月同じ金額を投資していくことで、金融商品の金額が高い時には少ない口数を購入し、低い時には多い口数を購入することになりますので、購入コストが平均的になり低くなり抑えることができます。

ドルコスト平均法

積立をしている途中は、むしろ金融商品の価格が低いほうが、平均購入コストが下がりますのでよいです。

使うとき(換金するとき)に、金融商品の価格が上がれば、それまでの価格が低くても結果的に多くの利益がでます。

 

ドルコスト平均法がどれだけ素晴らしいか、については星野さんの本がお薦めです。

半値になっても儲かる「つみたて投資」

半値になっても儲かるというタイトルが、ドルコスト平均法の凄さを言い当てています。

 

バリュー平均法

ドルコスト平均法は毎月の投資額が決まっているのに対して、バリュー平均法は毎月の投資残高を決めて投資をする方法です。

例えば、毎月5万円ずつバリュー平均法で投資するということは、毎月の投資残高が5万円ずつ増えていくことになります。

投資残高:1か月目5万円、2か月目10万円、3か月目15万円、4か月目20万円・・・

投資している商品については、毎日価格が変動しています。そのため、投資残高が増えたり減ったりしますので、それに合わせて毎月の投資額を変えていきます。

取引 1か月目 2か月目 3か月目 4か月目
投資残高目標 50,000円 100,000円 150,000円 200,000円
商品価格 10,000円 7,500円 5,000円 7,500円
今月投資額 50,000円 75,000円 0円 -50,000円
投資額合計 50,000円 125,000円 125,000円 75,000円
投資口数 5口 15口 0口 -4口
投資口数合計 5口 20口 20口 16口
含み益 0円 -25,000円 +25,000円 +125,000円

ある商品の価格が毎月変動することによって、残高目標に対して幾ら投資をするのか決まります。また、残高目標よりも実際の残高が上回った場合には、その分だけ売却(換金)します。

ドルコスト平均法は、毎月幾ら投資するのか決まっているのに対して、バリュー平均法は決まっていないです。一方でバリュー平均法は、毎月の残高が決まっているのに対して、ドルコスト平均法は決まっていないです。

 

バリュー投資法は、投資している商品の価格が高い時は、買付口数が減るだけではなく換金まですることがあります。商品価格が低い時には、下落に合わせてより多くの投資を行います。

こうすることで、購入時のコストがより低くなりやすいという特徴があります。

 

ドルコストで感じていたこと

ドルコスト平均法で最もデメリットだと感じていたことは、実際に使うとき(換金)するときに、「必要なお金が確保できなかったらどうしよう」というものでした。

投資をする市場については、数年単位でうねりますので、使いたいときにうねりの低い時にあたってしまったときに、必要な資金を確保できないことがあるかもしれません。

日経平均10年チャート

日経平均10年チャート

日経平均の10年チャートですが、教育資金のために一番左側(2007年8月)からドルコスト平均法をはじめるとします。2011年12月までに200万円を用意するために、毎月3万円ドルコスト平均法で2011年11月まで積み立てします。52か月の積立となりますので、投資コストは156万円となりますので、運用益で44万円をプラスしたいと計画しています。

では、実際に2011年12月に200万円はドルコスト平均法で用意できたでしょうか。

答えは「用意できていない」です。

156万円の投資に対して、2011年12月1日時点で132万円程となり、マイナス24万円の投資結果です。用意したかった200万円に対して68万円を用立てしなければならなくなりました。

ドルコスト平均法はこれがあるために、別にも資金の手当てを考えておかなければならない点が、ちょっとデメリットだと感じていました。

どうせならば、投資1本だけで将来の計画をしたくはないでしょうか。

 

ちなみに、このチャートの右側(2017年7月)まで3万円をドルコスト平均法で購入していた場合には、360万円の投資額に対して、投資結果が589万円となり、229万円もの利益がでています。

ドルコスト平均法は、素晴らしい投資法の1つであり否定しているわけではありません。

 

バリュー投資法のときは

ではバリュー平均法で上記の日経平均を積み立てていった場合は、どうでしょうか。

ちょっとミスをしたのですが、キリの良い数字にするために毎月4万円ずつの残高が増えるようにしました。2011年12月には208万円(4万円×52か月)となります。

バリュー平均法の場合、投資残高は最初から決まっています。決まっていないのは、いくらの投資額になるかということです。

結論として、235万円程の投資額となり、投資結果はマイナス27万円です。

 

ドルコスト平均法と異なるところは、教育資金の200万円が確保できているということです。これであれば、バリュー平均法のほかに用立てる必要はありません。

これをさらに大きく考えれば、人生のお金プランを立て、そのとおりになるようにバリュー平均法で積み立てていけば、その他のお金や、バリュー平均法で途中に換金となったお金は自由になります。お金の不安に縛られる人生ではなく、お金を使うことを楽しむことができる人生になりそうで、ワクワクしませんか。

 

ちなみに、2017年7月までバリュー平均法で積み立てした場合には、投資額223万円で投資残高480万円という結果です。2011年12月時点よりも投資額が減っているんですね。

 

バリュー平均法のデメリット

バリュー平均法のデメリットもあります。

 

1:投資額が多額になるときがある

最もデメリットですが、投資している商品が暴落した際には、投資残高を満たすために多額の投資が必要となります。

上の例示した日経平均10年投資において、投資が多額となった月と金額です。

  1. 2016年3月 43万円
  2. 2016年7月 39万円
  3. 2015年9月 38万円

毎月4万円の残高を増やしていくために、最高で43万円の投資はなかなか難しいですね。さらに、4か月後にも39万円の追加投資とは・・・。

デメリットへの対策として、私の場合は「投資限度額」のルールを設けることで乗り切ろうと考えています。

 

例えば、毎月4万円の残高が増えていくことに対して、毎月6万円を投資限度としていきます。

  • 1か月目 目標残高4万円 = 4万円投資
  • 2か月目 目標残高8万円 ⇒ 現在残高3万円 = 5万円投資
  • 3か月目 目標残高12万円 ⇒ 現在残高5万円 = 6万円投資(限度額)
  • 4か月目 目標残高16万円 ⇒ 現在残高11万円 = 5万円投資

※3か月目では、目標残高にするために7万円投資をしなければいけないのですが、限度額の6万円の投資としています。翌月以降も目標残高は変更せず、一致するまでは限度額まで投資していきます。

 

これであれば、自分の投資できる範囲で限度額を設定すればいいので、バリュー平均法でも投資できると考えています。

 

なお、日経平均10年への投資で、最も換金した月と金額は以下のとおりです。

  1. 2013年5月 29万円
  2. 2013年1月 27万円
  3. 2015年11月 27万円

こちらも多額となっています。目標残高の3割ほどを現金として保持するように持っておこうと思います。ただ、下げ相場の時は、難しい月も出てくるのでルール化はしていません。

残りは、運用収益としてお金を使うことにしたいです。

 

2:上昇相場の時は投資効果(複利)が得られない

投資は、雪だるま式に投資の利益を再投資することで、さらに利益を上積みしていくことが重要です。

バリュー平均法の場合には、計画以上に投資成績があがったときには現金化しますので、投資効果が得られにくいです。この投資効果を得るには、ドルコスト平均法がよいです。

ただし、私の場合には、必要なお金があればよく、それ以上のお金を持っても意味がないので、使うことも大事にしていきたいです。なので、特に気にしていません。

 

3:毎月、手間がかかる

ドルコスト平均法のメリットは、一度申し込みをすれば、あとはほったらかしで投資ができる点です。たまに見るぐらいでいいです。

バリュー平均法は、目標残高に対してどのくらいのかい離があり、どのくらい投資をしなければいけないのか計算する必要があります。

私の場合は、こういったブログをやっているほどなので、毎月、投資商品の結果をまとめています。そのため、まったくデメリットとはなっていません。

 

まとめ

バリュー平均法は、人生のお金の目標に対して確実に用意したいときに効果を発揮する方法です。

デメリットもありますが、ドルコスト平均法と比較して、ご自身でできる投資法をするのがよいのではないでしょうか。

 

(免責)記事中の投資結果などの計算については、正しく計算し表示しているつもりですが、誤っていることもあるかもしれません。また、数字を分かりやすく四捨五入などをして整えています。

-バリュー平均法

Copyright© 投資のリアル , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.