個人投資家に贈る投資のリアルとヒント

投資のリアル

投資計画

人生に「必要なお金」から「稼げるお金」を引くとマイナス収支

更新日:

人生でかかるお金のために貯蓄や投資をしているのですが、いくら必要か計算したことがありますか?

ファイナンシャルプランナーさんも専門的に算出してくれるのですが、難しいし料金がかかります。今回は難しい計算はしなくてもいいので、ざっくりと人生で必要なお金を把握してみませんか。

国などから公表されているデータから算出してみましたが、恐ろしい結果となりましたので、とにかく早めに確認しておきましょう。そして行動しましょう。

 

人生でかかるお金のデータ

計算するために、それぞれのイベントでどのくらいかかるかを調べる必要がありますので、国のデータなどをまとめていきたいと思います。

現役時代の生活費

結論:1億3,440万円

60歳までにかかる年間の生活費の平均です。2人以上の世帯で28万円ほどとなります。

年間で336万円、40年(20歳-60歳)で1億3,440万円です。

我が家の場合(夫婦+子供2人)には、現在は生活費はプラス10万円ぐらいかかっています。子どもが成人となれば下がるので、平均的には同じぐらいになるのでしょうか。

 

定年後の生活費

結論:最低6,600万円

夫婦2人で老後生活を送るうえで最低限必要な毎月の生活費の調査結果です。平成28年は22万円です。

平均寿命は男性が80歳、女性が87歳ぐらいなので、85歳ぐらいとみておきましょう。

  • 1か月22万円
  • 25年(60歳-85歳)

老後にかかる費用は、年間264万円、全期間6,600万円となりました。ゆとりある生活費というものも公表されており、さらに毎月15万円ぐらい上乗せされます。

また、85歳以上の長生きをした場合はさらに必要です(長生きは良いことなのですが、お金面からは「長生きリスク」と最近言われています。)

 

住宅購入費用・全国平均

結論:3,500万円

住宅事情については、新築分譲マンションで3,558万円購入、中古で2,230万円となっていました。

何十年も住むためにリフォームなどのことを考えると、さらに2割から3割は上乗せしていたほうがよいのかもしれません。一戸建ては30年、マンションは47年ぐらいが寿命といわれています。

賃貸派でも、2年ごとの更新料や引っ越し費用を含めると、それほど住宅への出費は変わらないです。リフォーム代を入れると、賃貸派のほうがやすくなると思います。(計算方法にもよりますが)

 

私は賃貸派です。そもそも借金をして金利を払ってまで取得したくないです。また、賃貸であれば新しい物件に乗り換えることができますが、持ち家だと古くなる一方ですが乗り換えにくいですから。

ただし、いまは築35年を超えた分譲マンションに住んでいます。なぜかというと、無料(修繕費などで4万円ほど)で貸してもらえているからです。

 

中古住宅まだ高いですね。いまは全国で空き家が2割ほどといわれています。これから人口が減るということで、中古物件が増えることにより、中古物件の価格も下降するとみています。しかも大幅に。
東京オリンピックをピークとして値崩れするのではないかと思います。

状態のいい中古住宅が一千万円前後で手に入ることが普通になれば、持ち家をもってもいいですね。

 

子どもの教育費用(子供1人あたり)

結論:650万円(すべて公立で大学は自宅から通学)

小学校から高校生までの年間の教育費です。すべて公立で高校卒業までに170万円が必要です。

私立の場合には、年間100万円から150万円かかり、高校卒業までに440万円ほどかかります。

余談ですが、中学校までは義務教育で費用もそんなにかからないはずなのに、結構かかっています。子育てしてみるまでは無料だと認識していましたが、義務でもお金はかかります。

 

大学に進学したときにかかる費用ですが、学費で年間120万円、自宅から通えない場合にはさらに66万円を上乗せです。

 

税金・社会保障費

結論:4,000万円(生涯賃金2億円の場合)

税金や社会保障費も大きな出費です。年収等にもよりますが、だいたい2割といわれています。年収が多くなるにつれて、さらに割合が増していきます。

 

支出のすべての合計

とりあえず、いままでざっくりと見てきた合計をまとめてみたいと思います。

 

モデルケールでは、人生でかかる費用は2億8,190万円が必要です。

  • 現役時代は普通の生活
  • 老後は必要最低限の生活
  • 住居は一度購入してリフォームなし
  • 子どもは1人ですべて公立で自宅通学

その他に、老後がゆとりある生活の場合には4,500万円追加、子どもの人数による乗算、学校の私立入学による加算などが必要になってきます。

 

あまり複雑になるとみるのを止めてしまうこともあるので、ざっくりとした支出の合計としましたので了承ください。さらに、リフォーム代金、車を買うならばその購入代金と維持費、生命保険代、親の介護費用なども支出としてあります。

生命保険などについては、月に何万円も払っている人がいます。私の隣のデスクの若者も、保険の人に勧められるままに、月に3万円もの保険を払っているとのことです。「やめて投資に回したほうがいいよ」と言っていますが、それに対する返答は「将来何があるかわからない、保険料は殆どバックされる」です。

保険会社に勤めている友人がいれば聞いてみてください。「保険は入ってる?」と。
入っていないか、県民共済に入っていると回答してくるでしょう(笑)。

保険が一概にダメとは言いませんが、必要な保障のみを受けれるようしましょう。ちなみに、隣のデスクの人は亡くなったら数千万円出るそうです、結婚していないので受取はご両親です。

 

これを機にご自身の生活スタイルや家族の状況などから、これからかかる費用を計算するといいと思います。

 

もらえるお金のデータ

生涯賃金

男性 女性
中学卒 1億8,810万円 1億3,150万円
高校卒 2億607万円 1億4,660万円
高専・短大卒 2億1,260万円 1億7,420万円
大学・大学院卒 2億6,630万円 2億1,810万円

出典:独立行政法人労働政策研究・研修機構『ユースフル労働統計-労働統計加工指標集-2016』より当ブログで作成したもの。

 

その他

退職金はありますか?

私は退職金がない企業で働いていますので、ありません。

相続はありそうですか?

私はありませんが妻が少しは相続でもらえそうです。

年金はどう考えますか?

私は貰えると考えています。しかし、受給年齢や金額は今よりも下がるとも考えています。
計画としてはもらえないこととしていたほうが確実ですが、年金がないと老後破産する人が殆どではないでしょうか。

年金は、サラリーマンの場合は「老齢基礎年金 + 老齢厚生年金」がもらえます。自営業の場合は「老齢基礎年金」のみです。

老齢基礎年金は満額で年間78万円となりますが、保険料を納付した月数が少ないと減額となります。

老齢厚生年金は、現役時代の年収にもよりますが、35年勤めた人で平均年収500万円で年額240万円ぐらい(夫婦の場合)となります。

ちゃんと保険を納めていれば、65歳から年間318万円です。

ただし、私たちが老後となるころには、受給年齢開始は上がり額は下がるでしょう。75歳から半額ぐらいはもらえる計算をしています。(10年間×150万円=1,500万円)

 

人生にかかるお金の総括

これ恐ろしくないですか。

必要最低限の生活をするのに2億8,190万円かかり、生涯で稼げるのが大卒で2億6,630円ですから1,500万円足りないんです。高卒だと7,000万円ほど足りないです。

年金があっても大学卒でトントンぐらい、高卒で5,000万円ぐらい足りないでしょう。

裕福な暮らしというよりは、普通の生活をしているのにもかかわらず足りないのです。

これが、私たちの現状です。

 

ということが、気づいていただける機会となったならば嬉しいです。

 

対策として考えられること

あまり悲観的なことを書いていても仕方がないので、私なりの対策の例を考えてみましょう。

 

人生イベントを減らす対策

  • 結婚しない
  • 子どもを産まない

いま結婚しない若者が増えているということで、理にかなってはいます(これだけが理由ではないでしょうが)。

私にとっては、愛する人と結婚し、愛する子供を産むことは、お金よりも豊かなことであり、これらをしないという選択はなかったです。

 

収入を増やす・殖やす対策

  • 毎月の生活費をなるべく削ること(平均28万円なので25万円以下で、毎月3万円の貯蓄)
  • 奥様もなるべく働いて稼ぐこと(扶養控除対象ならば、毎月8万円ぐらいまで働ける)
  • 副業など収入の入り口を増やす
  • 節約したり、奥様や副業で稼いだ分(毎月11万円+α)は、投資をしてお金にも働いてもらうこと

当ブログでは、バリュー平均法という投資方法で、子どもの高校入学時に100万円、大学入学時に400万円、定年時に4,000万円があるように投資をしています。

また、色々な投資商品へ投資をして、その実績も載せていますので、「投資をしてお金にも働いてもらう」の参考にしてください。

バリュー平均法で老後資金と教育費を積立投資

 

-投資計画

Copyright© 投資のリアル , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.