2020年6月・月次レポート

こんにちは、だゆん(@investor_dayun)です。

6月も終わりましたので、資産運用の月のまとめです。

結論としては、特別給付金など入金が通常よりも多く、また主な資産であるゴールドの値上がりにより、資産額は増加です。

一方で5月から株式投資の手法を「新高値ブレイク」にして勉強中ですが、損失確定が続きましてマイナスとなっています。

 

マーケット概況

指数 5月末 6月末 増減
日経平均 21,877 22,288 +411(+1.9%)
マザーズ指数 982 1,012 +30(+3.1%)
NYダウ 25,383 25,812 +429(+1.7%)
日経VI 27.60 29.12 +1.52
VIX 27.51 32.32 +4.81

 

株式投資成績

今月は14万円のマイナスとなりました。

月次損益

  • 総計:-170,863円
  • 税金:+25,621円(還付)
  • 差引:-145,242円

 

損益推移

今年の通算損益は、6月末時点で+36,822円です。

 

保有銘柄

月末の保有銘柄です。右側の数字は、現時点の含み損益です。

  • シーティーエス(4345):+0.4%
  • ギフティ(4449):-7.27%
  • アイ・アールジャパンHD(6035):+0.3%

 

損切りできなくてずっと持ち続けていた銘柄については、無事に微損で撤退できました。

一時期100万円近くまでマイナスとなっていましたので助かりました。

ただし、今回はたまたま助かりましたが、これからは最大10%下げたら必ず損切りがルールとして運用していきます。

 

課題

今月は、何度もエントリーしては微益、又は損切りをしてしまいました。

「損切りは早めに」を意識しすぎて、相場の急変などで、損切りラインを引き上げて決済となり、翌日には回復するという事が何度も。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました